Bizgram

© 2021 図解総研

ecbo株式会社

ecbocloak

お店の空きスペースを「コインロッカー」として使える

基本情報

企業名
ecbo株式会社
公式サイト
https://cloak.ecbo.io/ja

逆説の構造

  1. 起点
    荷物
  2. 定説
    コインロッカーにしか預けられない
  3. 逆説
    お店の空きスペースに預けられる

ビジネルモデルの解説

荷物を預かるお店は料金の50%が収入に

 旅先や、お出かけ中に荷物を預けたいけれど、いざ現地に行ってみるとコインロッカーが空いていない。コインロッカーを探し回って疲れ果ててしまったり、時間を無駄にしてしまったり……。そんな悲しい思いをしたことはないだろうか?  「ecbo cloak(エクボクローク)」は、そんな問題を解決してくれる。ecbo cloakとは、カフェやショップなどの空きスペースを利用して、荷物を確実に預けることができるサービス。使い方も簡単で、荷物を預けたい人は、預ける場所を探して予約をするだけ。決済もクレジットカードで事前に済ませることができる。料金もコインロッカーと同様で、バッグサイズだと400円(税込)/日、スーツケースサイズだと700円(税込)/日。  ユーザーは当日お店に行って、荷物を預けるだけ。預けたあとに荷物の写真付き証明メールがくる。荷物を受け取るときは、メールを見せるだけ。 従来のコインロッカーのようにカギなどを持ち歩く必要もない。コインロッカーだと大きさが決まっていて入らなかった楽器やスキー用品、ベビーカーも、ecbo cloakなら預けることができる。  お店側も空いているスペースを利用して収入を増やすことができるし、ついでにお店を利用してくれる客も増えて、一石二鳥。これまでリーチできていなかったユーザーにも来店してもらうこともできているそう。空きスペースを使うことにより新しい設備投資を行う必要もないので、気軽にスタートすることもできる。お店側は利用料の50%を手に入れることができる。  最近はJRや日本郵便とも提携をはじめて、荷物を預けられる場所がどんどん増えてきている。旅行に行く際、荷物を預ける場所に困ったらぜひ使ってみてほしい。

情報は古くなっている場合があります。不備があった場合は、お手数ですが「修正を提案する」からご報告お願いします。

あなたの事業をBizgramに掲載しませんか?

あなたの会社の事業についてビジネスモデル図解にして多くの人に見てもらいませんか?お気軽に、お問い合わせからご連絡ください!