© 2016 - 2024 図解総研

フードロス2件の図解

フードロスに関連するビジネスモデル

  • Kuradashi

    .
  • Oisix

    .

タグの解説

#フードロス

フードロスとは、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品のことを指します。これは、食品の生産から消費に至るまでの全ての段階で発生します。例えば、農場での収穫時に規格外として捨てられる野菜、スーパーマーケットで売れ残った商品、家庭で消費されずに捨てられる食べ物などがフードロスに含まれます。フードロスは、食品を無駄にするだけでなく、環境にも大きな影響を与え、社会的にも経済的にも重要な問題です。

フードロスは、世界中で深刻な問題となっています。例えば、日本では年間約600万トンもの食品が捨てられています。この量は、一人あたり年間約48キログラムに相当します。一方で、世界では約8億2千万人が飢餓に苦しんでおり、フードロスの削減は食料不足の解消にもつながる重要な課題です。

フードロスを削減するためには、個人、企業、政府が協力して取り組むことが必要です。個人レベルでは、食材の購入を計画的に行い、必要な量だけを買うことや、冷蔵庫の中の食品を有効に使い切ることが大切です。また、レストランやカフェでは、メニューを見直して食材の無駄を減らす努力が求められます。例えば、食べ残しを減らすために、適量の提供やテイクアウトの促進などが有効です。

企業においては、サプライチェーン全体での効率的な管理が重要です。食品メーカーや小売業者は、在庫管理を改善し、食品の廃棄を最小限に抑えることが求められます。また、流通過程での冷蔵・冷凍技術の向上や、消費期限の延長もフードロス削減に寄与します。さらに、企業は消費者教育を通じて、正しい食品の保存方法や消費期限の理解を促進することもできます。

政府や地方自治体も、フードロスの削減に向けた政策やプログラムを推進しています。例えば、食品の再配分を支援するための法整備や、フードバンクへの寄付の奨励などがあります。これにより、食べられる食品が廃棄されるのを防ぎ、困っている人々に食料を提供することができます。さらに、フードロスの削減は、環境保護にもつながります。食品廃棄物が分解される際に発生する温室効果ガスは、気候変動の一因となっています。フードロスを減らすことで、温室効果ガスの排出を抑え、環境への負荷を軽減することができます。

フードロスの問題に取り組むことは、持続可能な社会を築くために不可欠です。一人ひとりが日常の食生活での無駄を減らす努力をするだけではなく、企業や政府、地方自治体もふくめて様々な仕組みを導入しながらあらゆる側面においてフードロスの問題解決に向けて努力することが急務となっています。

  • 上場企業21
  • アプリ20
  • サブスクリプション17
  • サステナビリティ15
  • ユーザーエクスペリエンス11
  • API8
  • 海外展開8
  • シェアリングエコノミー7
  • AI7
  • 社会課題7
  • 寄付6
  • コミュニティ6
  • ヘルスケア5
  • フリーミアム5
  • イノベーション5
  • IoT5
  • データ分析5
  • EC5
  • グッドデザイン賞5
  • フランチャイズ5
  • 不動産5
  • コンビニ4
  • DX4
  • 広告収入4
  • B Corp認証4
  • SDGs4
  • 宅配サービス4
  • ビッグデータ4
  • マーケットプレイス4
  • SaaS4
  • ポイント4
  • 地産地消4
  • ソーシャルビジネス4
  • 金融4
  • サーキュラーエコノミー4
  • プロダクトデザイン4
  • 体験型店舗3
  • アパレル3
  • タイパ3
  • GPS3
  • 自治体3
  • マッチングモデル3
  • 定期便3
  • フードテック3
  • レンタルサービス3
  • 教育3
  • ヘルステック3
  • 特許3
  • 一次産業3
  • 出版3
  • 共創3
  • ライセンス契約3
  • 障害者雇用3
  • 地域活性化3
  • リサイクル3
  • 低価格3
  • クラウドファンディング2
  • リーガルテック2
  • 弁護士2
  • 飲食業2
  • トラベルテック2
  • ストリーミング2
  • セルフサービス2
  • 店内調理2
  • シームレスショッピング2
  • キャッシュレス決済2
  • 管理栄養士2
  • メーカー2
  • NPO2
  • アフリカ2
  • コスト削減2
  • レコメンデーション2
  • フードロス2
  • アップサイクル2
  • 農業2
  • バイオテクノロジー2
  • 福利厚生サービス2
  • ライフスタイル2
  • MaaS2
  • マイクロモビリティ2
  • スタートアップ2
  • マンガ2
  • 銀行2
  • フィンテック2
  • 自立支援2
  • アスリート2
  • スポーツ2
  • エンターテインメントビジネス2
  • ウェアラブルデバイス2
  • 産学連携2
  • 人手不足2
  • 本屋2
  • お菓子2
  • 発電2
  • 再生可能エネルギー2
  • 協同組合2
  • 知財2
  • 福祉2
  • インバウンド2
  • 差別化戦略2
  • インド2
  • ソーシャルイノベーション2
  • 回転率2
  • 買い物代行1
  • 成果保証1
  • 返金保証1
  • 入場料1
  • オランダ1
  • データインテリジェンス1
  • 防災1
  • 原価率1
  • コワーキングスペース1
  • コストリーダーシップ戦略1
  • スウェーデン1
  • 従業員エンゲージメント1
  • EaaS1
  • 公衆衛生1
  • 炭素クレジット1
  • データベース1
  • 水不足1
  • 大規模言語モデル1
  • ディープラーニング1
  • 生成AI1
  • NFT1
  • Web31
  • 不動産テック1
  • フリマ1
  • ソーシャルコマース1
  • C2C1
  • Z世代1
  • 英語学習1
  • マイクロファイナンス1
  • eスポーツ1
  • 環境再生型農業1
  • スイス1